現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ソン・ドンイル、新ドラマ「カーテンコール」に出演決定…ハ・ジウォン&カン・ハヌルと共演

ソン・ドンイル、新ドラマ「カーテンコール」に出演決定…ハ・ジウォン&カン・ハヌルと共演

華流ドラマ / 2022-05-16
[] [] []

 ソン・ドンイルは最近、KBSの新ドラマ「カーテンコール:木は立って死ぬ」(脚本:チョ・ソンゴル、演出:ユン・サンホ)への出演のニュースを伝え、この作品を楽しみにしている視聴者の関心を集めた。

 
同作は、北朝鮮から来たおばあさんの最後の願いを叶えるため、亡命した孫のふりをする男と、その男と恋に落ちるある女、そしてその演劇に関わった人々のストーリーを描く作品で、ソン・ドンイルは作中、「ホテル楽園」の前支配人であり、総帥の最側近であるチョン・サンチョル役に扮する。
 
チョン・サンチョルは総帥のチャ・グムスンを除けば「ホテル楽園」で最も長い間働いた職員で、総支配人まで務めた人物だ。彼は支配人を辞めた後も、総帥の秘書のようにそばでサポートする、家族のように近い最側近だ。チョン・サンチョルは、言葉通りマナーがいい男のように見えるが、その中には圧倒的なカリスマ性を抱いている。
 
ソン・ドンイルは映画とドラマをはじめ、バラエティでも活発に活動し、人々の深い信頼を与えている韓国を代表するベテラン俳優だ。tvN「ゴースト・ドクター」「智異山」をはじめ、映画「担保」「変身」などすべてのジャンルとキャラクターをこなす幅広い演技で観客を魅了してきた。彼がこの作品を通じてどんなキャラクターを披露するか、関心が集められている。
 
数々の映画とドラマを通じてハ・ジウォン、カン・ハヌルと呼吸を合わせてきた彼が、「カーテンコール:木は立って死ぬ」で作り出す代替不可能なシナジー(相乗効果)に期待感が高まっている。
 
この作品は、ドラマ「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」「風と雲と雨」「師任堂(サイムダン)、色の日記」などを演出したユン・サンホ監督と、映画「ヒットマン」「ミッドナイト・ランナー」の制作を担当した脚本家のチョ・ソンゴルがタッグを組んだ作品だ。温かいメッセージで感動を届ける、韓国の2022年下半期の最高の期待作「カーテンコール:木は立って死ぬ」に、今後合流する俳優に注目が集められる。