現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 韓国ドラマ「怪物」のあらすじ第6話

韓国ドラマ「怪物」のあらすじ第6話

海外ドラマ / 2021-03-08
[] [] []

6日に韓国で放送されたJTBCの金土ドラマ「怪物」第6話では、カン・ミンジョンが失踪する直前、パク・ジョンジェ(チェ・デフン)と交わした会話が公開された。

 
失踪当日、カン・ミンジョンはイ・ドンシク(シン・ハギュン)が連れて行った交番から密かに逃げ出し、隣人のパク・ジョンジェに連絡した。自分を家に連れて行ってもらいたいというメールだった。
 
断ろうとしていたパク・ジョンジェだが、仕方なくカン・ミンジョンの前に登場した。そのようにカン・ミンジョンとしばらく同行することになったパク・ジョンジェは、カン・ミンジョンの面倒を見た。その中で、早く到着する道ではなく、どうしてわざと暗く時間のかかる道へ遠回りするのかとも話した。
 
 
これに対してカン・ミンジョンは「早く帰宅するのが嫌だ」とし「お父さんにぞっとする」と吐露した。しかしあまりにも小さい「ぞっとする」という言葉はパク・ジョンジェには聞こえなかった。カン・ミンジョンはもう一度言ってほしいと聞き返すパク・ジョンジェに「お父さんが寝たら帰るよ」と話を変えて笑った。
 
カン・ミンジョンがあれほどぞっとすると言っていた父親のカン・ジンムクは、遠くでこの会話を全部聞いていた。カン・ジンムクは素早くスーパーに入って周りを警戒し、その後家に帰ってきた自分の娘を手にかけた。カン・ジンムクの実体は驚愕そのものだった。