現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ドラマ「ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~」5月より先行レンタル開始

ドラマ「ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~」5月より先行レンタル開始

海外ドラマ / 2021-03-05
[] [] []

 日本でも高い人気を誇るカリスマ俳優チャン・ヒョクと、少女時代のスヨンが主演したサスペンス・スリラー「ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~」が、2021年5月7日(金)よりTSUTAYA先行レンタル開始されることが決定した。

 
「ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~」は、「ボイス~112の奇跡~」や「バッドパパ」「油っこいロマンス」など、作品によって全く異なる色で多くの視聴者を魅了してきたカリスマ俳優チャン・ヒョクと、K-POPガールズグループ少女時代のメンバーで、ドラマ「今日、妻やめます ~偽りの家族~」をはじめ様々なドラマに出演し、演技の幅を広げているチェ・スヨンがW主演をつとめたサスペンス・スリラー。
 
チャン・ヒョクが演じた天才プロファイラーのヒョンジェは、連続殺人犯“ヤツ”により婚約者を失い自身も車椅子生活になる。行方知らずとなりながらも、実は死んだはずの“ヤツ“が生きていると信じ“ヤツ”への復讐に執念を燃やす男だ。チャン・ヒョクは、埋められない喪失感を抱えながら生きるヒョンジェの繊細な感情を丁寧に表現しながら、華やかなアクションを完璧にこなしさすがの一言。
 
ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~
 
そんなヒョンジェとバディを組むことになるのがスヨン演じるスヨン。耳の聞こえない母をひき逃げにより亡くし、一度見たものを写真のように記憶するピクチャリング能力者の新米刑事スヨンを真っ直ぐに演じ、女優としての評価をさらに高めた。見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、漠然とした感覚まで。五感を総動員し、連続殺人犯に迫る過程の中で、大きな喪失感と傷を抱えた2人が、互いを信頼し少しずつ変わっていく姿に心が打たれる。
 
また、映画「毒戦」でのガールクラッシュ(女性も憧れる格好いい姿)が大きな話題となったチン・ソヨン、どんなキャラクターも完璧にこなし存在感を示してきた「風の便りに聞きましたけど!?」のチャン・ヒョンソンなど、豪華キャストが勢ぞろい。さらに、サスペンス・スリラー作品ならではのダークながら奥行きのある映像は、「客-ザ・ゲスト-」「ボイス~112の奇跡~」などの人気スリラードラマを手がけてきたキム・ホンソン監督がクリエイターとして参加したことでも話題になった。
 
キャストたちの体を張ったハードなアクションシーンだけでなく、ダークで無機質な映像の中でも、血の通った人間の儚さと愚かさ、そして強さを感じさせる演技対決にも注目だ。