現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 新作ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」がMnetにて日本初放送されることが決定した

新作ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」がMnetにて日本初放送されることが決定した

海外ドラマ / 2020-10-14
[] [] []

 ハン・イェリ&キム・ジソク出演、ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」12月よりMnetにて日本初放送が決定。

 
韓国ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」は家族のような他人と、他人のような家族の誤解と理解に関する物語を描いたドラマ。“私”について知っていることはあまりないけれど、家族である関係、家族ではないけれど“私”について知らないことがない人々の中で、結局は人と家族へ向かう物語を描く。
 
「家族ってなんだろう?」生きていくうえで切っても切れない存在である“家族”をテーマにした、共感と感動を呼ぶホームドラマ。一見明るいが常に人の顔色を伺いながら生きる、三姉弟の次女キム・ウニを演じるのは「緑豆の花」「スイッチ~君と世界を変える~」などでその存在感を示した実力派女優のハン・イェリ。ウニの男友達であり良き理解者のパク・チャニョクを、「2019KBS演技大賞」で12冠を達成したドラマ「椿の花咲く頃」で、切ない役柄を見事にこなした俳優のキム・ジソクが演じる。さらに、口を開けばケンカばかりの熟年夫婦をチョン・ジニョンとウォン・ミギョンが、常に理性的な態度で人と接する長女をチュ・ジャヒョン、姉2人に振り回される末っ子をシン・ジェハが務める。
 
小さな誤解が積み重なり関係修復が困難になった夫婦、成長とともに遠ざかっていく親と子、数年間お互いを敬遠してきた姉妹……。そんな他人のようだった家族がお互いのことを知り、時には受け入れがたい真実に直面しながらも絆を取り戻していく。とある家族が抱える誤解や秘密をリアルかつ愉快に描き、そのストーリー展開が大反響を呼んだ感動作!
 
 (知っていることはあまりないけれど)家族です