現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 新ドラマ「ドドソソララソ」でAraが胸をときめかせる恋愛模様を披露し、“人生キャラクター”を更新する。 韓国で10月7

新ドラマ「ドドソソララソ」でAraが胸をときめかせる恋愛模様を披露し、“人生キャラクター”を更新する。 韓国で10月7

海外ドラマ / 2020-09-18
[] [] []

韓国で10月7日に放送がスタートするKBS 2TV新水木ドラマ「ドドソソララソ」は、エネルギッシュなピアニストのク・ララ(Ara)とアルバイターであるソン・ウジュン(イ・ジェウク)のキラキラ輝くラブコメディを描く。それぞれ心に傷と秘密を抱え、小さな田舎町のピアノ教室“ララランド”に集まった人々のストーリーが、甘いトキメキと共に愉快な笑いを届ける見通しだ。

 

オ・ジヨン脚本家はインタビューで「シンクロ率200%だ」と言いながら自身にピッタリな役を演じるAraに満足した様子を見せた。彼女は「ク・ララはもともと明るくてエネルギーに溢れる人物だ。ドラマの動力のようなキャラクター」とし「笑う時の華やかな感じも、泣く時もかわいくて、笑わせる姿もAraとよく合っている」と強調し、期待を高めた。キム・ミンギョン監督も「優れたコメディ演技、難度の高い感情演技をこなす姿にいつも感嘆している。ララはAraだけにできる役」と絶賛し、明るい魅力を披露するAra流のエネルギー溢れるク・ララの誕生を期待させた。

ドドソソララソ

キム・ミンギョン監督が認めた巧みなコメディ演技はもちろん、父の“限りない愛情”の下で育ち、少し下手なク・ララの甘く切ない成長記、そしてソン・ウジュンと描く胸をときめかせる恋愛模様まで。Araは優れた演技でク・ララのダイナミックな青春第2楽章を描き出す。Araが描くキラキラ光るク・ララ。一銭もなくとも挫折しないク・ララのコミカルで切ない人生の再スタートが気になる。

 

新ドラマ「ドドソソララソ」は、韓国で10月7日午後9時30分にKBS 2TVで放送がスタートする。