現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫 」キム・スヒョン主演 決定理由を説明した

韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫 」キム・スヒョン主演 決定理由を説明した

海外ドラマ / 2020-09-02
[] [] []

 韓国の放送通信審議委員会の放送審議小委員会は26日、ソウル・モクトン(木洞)放送会館で会議を開き、「サイコだけど大丈夫」について、法定制裁(注意)で全体会議にかけた。

 

 放送審議小委員会は「サイコだけど大丈夫」が男性の特定部位を戯画化して、セクハラを正当化する恐れがあったり、露骨な悪口をビー音などで表現した内容を放送したとして、「ドラマの登場人物のキャラクターを浮き彫りにするための表現である点を勘案しても、特定の性を戯画化し、セクハラを正当化する恐れがある内容を放送したのは、制作陣の性認知の感受性不足を如実に表わしている」と指摘した。

 

サイコだけど大丈夫

 

金もなく、両親もなく、希望すらない精神科病棟の保護士。彼にあるのは自閉スペクトラム症の兄一人。ただひと月の月給で兄とお腹いっぱいに食べてゆっくり眠れさえすれば、それでいいという男の前に童話の中の魔女のようなおかしな女性一人が現れる。

刃物の代わりにペンを振り回して童心を支配し、操る児童文学界の女王。その上、先天的な欠乏で愛の感情を知らない彼女が、愛を拒否する男に運命的に惹かれてしまう。

こうして血が飛び、身がえぐれる戦争のような駆け引きが始まる…。