現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > “入隊中”チョン・イル、映画「1級機密」にノーギャラで出演…女心を掴むパイロットに変身

“入隊中”チョン・イル、映画「1級機密」にノーギャラで出演…女心を掴むパイロットに変身

海外ドラマ / 2018-01-29
[] [] []

 

俳優チョン・イルが映画「1級機密」(監督:ホン・ギソン)で、短いが強烈でインパクトのある姿を見せ、女心を掴んだ。

“信頼度第1級”の俳優らの共演で、観客から好評を得ている「1級機密」で、チョン・イルは空軍パイロット大尉カン・ヨンウ役を演じた。

現在、社会服務要員として軍隊に服務しているが、作品の意図の良さと故ホン・ギソン監督への信頼でノーギャラで出演したという。

劇中でカン・ヨンウ大尉は、戦闘機の部品の供給に疑問を抱き、航空部品購買課の中佐パク・デイク(キム・サンギョン)に助けを要請する人物だ。チョン・イルの出演するシーンは短いが、観客の視線を釘付けにする強烈な存在感を見せつけた。

彼の整った顔立ちとカッコいい制服姿が女性ファンの心を掴んだ。これまで見せてくれた、かわいいイメージとは異なる真剣な姿で劇を盛り上げており、除隊後のさらなる活動も期待されている。

「一級機密」は、国家という名の下で行われた、軍内部の裏取引を暴く物語を描いた映画だ。実際に韓国で起きた、空軍の次世代戦闘機外圧説の暴露と戦闘機部品の納品における不正問題、海軍の防衛産業での不正事件など、韓国映画史上初めて軍内部の不正事件を題材にする。

防衛産業の不正事件を題材に、追撃戦のような緊張感を与える一方で、面白さや完成度の面などで、メディアや評論家、観客から絶賛を受けている。