現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 「イ判サ判」ヨン・ウジン、事件を追及“被害者とはどんな関係だ”

「イ判サ判」ヨン・ウジン、事件を追及“被害者とはどんな関係だ”

海外ドラマ / 2017-12-04
[] [] []

 

トンハが15年前に殺害された女性と関係があることが分かった。

29日に韓国で放送されたSBS「イ判サ判」では15年前に性的暴行を受け、殺害された女子中学生が最後に履いていたスニーカーがハンジュン(トンハ)がくれたものであることが明らかになった。

ウィヒョン(ヨン・ウジン)は過去の記録からスニーカーの写真を見つけた。そのスニーカーはスターの愛蔵品で自身が代わりに買ってハンジュンにあげたものだった。

ウィヒョンはハンジュンを呼んで「そのスニーカーがなぜここにあるのか」と疑い、ハンジュンは「お前、今俺に取調べでもしているか。その女はうちで働いていた庭園管理士の娘だった」と言った。

しかし、ウィヒョンは引き続き追及し、怒ったハンジュンは事務所から出ていった。